2009年10月11日 - 2009年10月17日 « トップへ » 2009年11月 8日 - 2009年11月14日

2009年11月 7日

埼玉県上尾市在住60歳男性

埼玉県上尾市在住60歳男性入れ歯で、15年ほど苦しんでいました。

食事の時は入れ歯があたって噛めないので、おかゆのように柔らかいものばかり食べる毎日。

なんとかならないものかと、歯医者を変え、2度も作ってもらいましたが、やっぱり痛いんです。
入れ歯に関しては、ほとんどであきらめていましたね。

そんなある時、友人から「歯医者をかえて新しく作ってもらったら、調子がいい」という話をききました。最後のチャンス...半分そういう気持ちもあったかもしれません。もう一度入れ歯を作ってみようと思ったんです。

そこで出会ったのが、くろさき歯科さんでした。

痛みを感じるのは上の入れ歯だったので、てっきり私は上の入れ歯が悪いとばかり思っていたんです。

でも、先生に診てもらうと、実は原因は下の歯。

下の歯にかぶせた歯が、噛み合わせのバランスを悪くした結果、上の入れ歯に痛みを起こしていたのです。

すぐさま、下の歯のかぶせた歯を治してから上の入れ歯を作りました。そして一度あたって痛い所を治してもらっただけで、後は何でも噛めるようになりました。

前の医院では10~20回くらい治しても痛かったのが、ウソのようです。

実はこの話には、後日談があります。
噛めるようになってから何日後、私は家内の言葉にびっくりしました。実は、家内は歯がいいにも関わらず、私に合わせて柔らかい料理ばかりを作っていたというのです。

私は家内がそういう気持ちで自分のために尽くしてくれたことに、ほとんど気づいてなかった。
申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

これからは、家族や友人と旅行を楽しんだりしたり、各地のおいしいものを食べに行きたいと思っています。最後になりましたが、院長はじめくろさき歯科の皆さんには大変お世話になりました。本当にありがとうございます。

※患者さまよりいただいたコメントを一部編集して掲載しております。

【院長のコメント】
この方は上の歯は総入れ歯で、下は自分の歯がほとんど残っていました。
しかし、下の歯にかぶっているかぶせものが右と左のバランスが悪くして、噛むたびに上の入れ歯が動いて痛みがでていました。

前の歯医者さんでは、上の入れ歯の骨がやせてしまって難しいと言われたようですが、下の歯をやり治してから、上の入れ歯を作り治しました。その後、噛み合わせはすっかり落ち着いて、食事も困らなくなったということです。

奥様が15年間もご主人のために柔らかいおかずを心かけていたという話をお聞きして、ご夫婦の愛情に私たちも心打たれました。

きっとこれからは、奥様も思う存分お料理の腕前をふるうことができることでしょう。
そして、患者さまには奥様のおいしいお食事で健康な毎日を送っていただきたいと願っています。

歯科診療には、2種類ある

歯科治療には、2種類ある歯科治療には、「保険診療」と「自由診療」があるのはご存知ですか?

「保険治療」は、どこの歯医者さんでも受けられる一定品質の治療です。ただ、治療手順や使用できる材料などにルールがあり、場合によっては治療に時間がかかってしまうことがあります。とはいえ、治療費の支払いが3割で済み、残りは国が支払ってくれます。

これに対して、「自由診療」では、最新の材料や治療技術を制限なしで使用できます。保険診療と比較して、若干治療費が高額になってしまう反面、見た目が美しいノンメタル製の被せ物などが使用できるのも、自由診療ならではです。

同じように、入れ歯にも、保険診療で作る入れ歯と、自由診療で作る入れ歯の2種類があります。

自由診療:52、保険診療:23

当院のインプラント00752と23。これ、何の数だと思いますか?

正解は、自由診療の入れ歯と保険診療の入れ歯の、製作工程の数。自由診療は52もの工程があるのに対し、保険診療では23しかありません。その差、2倍以上。国の制度を利用した保険治療では、最低限の製作工程しか踏むことしかできないでのです。

自由診療の治療では、より高い精度、よりよい装着感を求められるために、多くの手間をかけて製作されています。また、それぞれの過程で使用される材料や道具も精度の高いものが使用されています。

そのため、保険診療で作った入れ歯と比較して、違和感なく装着でき、安定性も高いのが特徴です。審美的(みための美しさ)に優れている点も忘れてはなりません。

ただ、治療期間が長くなる、といったデメリットや、ものによっては高額な費用がかかってしまうこともあります。

2つの入れ歯の構造的な違い

2つの入れ歯の構造的な違い●自由診療の入れ歯
・人工歯(天然の歯の代わりになるもの):
患者さまそれぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されています。

・歯肉部(歯茎の代わりになる部分):
汚れがつきにくく、高い装着感もあります。ご要望にあわせた形態を作ることも可能です。

・義歯床(金属床/口の中の粘膜に密着している部分):
金属を使用すると、高い装着感があります。

・維持装置(入れ歯を残っている歯に固定する装置):
残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることができます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくい形状のものもあります。

●保険適用の入れ歯
・人工歯:種類が限られているため、場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。

・歯肉部:汚れが付きにくく、装着感がよい形態になっています。とはいえ、バリエーションに制限があります。

・義歯床(樹脂):金属と違い割れやすいので、かなり厚いものを使用しています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。

・維持装置(留め金):残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。

●当院では、自由診療での入れ歯を提供しております。
確かに、費用は安いのにこしたことはありません。しかし、高い費用にはそれなりの根拠があるのも事実です。費用を節約することだけにこだわると、すぐにあわなくなり、結果的に作り変えの必要も出てきます(実際、歯医者さんを"ハシゴ"して入れ歯をいくつも作っている方はいませんか)。

いい入れ歯はメンテナンスさえ行っていれば、一生使うことができます。一度、自費で完成度の高い入れ歯を作ってみませんか?


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

2009年11月 5日

個人情報について

くろさき歯科(以下、当院)は、ご予約やご相談・資料請求などで皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。当院は、ご提供いただいた個人情報に関して本「プライバシーポリシー」に基づき、取り扱いに細心の注意を払っています。

当サイト上でお伺いする個人情報について

ご予約やご相談、資料請求時にお伺いする個人名、メールアドレス、その他の個人情報は、適切にご予約を受付けたり、ご相談内容、資料請求に適切にお答えするために必要なものです。これら以外の目的では使用致しません。

個人情報の開示について

当サイトは利用者の個人情報を原則として開示することは致しません。

個人情報の利用と提供について

当院では、お答えいただいた個人情報を、販売したり、貸し出したりすることはありません。下記の場合においてのみ、個人情報を外部に提供することがあります。

・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合
ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(ただしこれらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用することはできません。)

尚、ご相談に関しまして、公益性があると判断した内容を当サイト及び当院関連サイト上で公開する場合がありますがその場合は個人情報が特定されない状態で公開します。

当院の個人情報管理責任者

くろさき歯科
院長 黒崎 俊一

〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-38-1北原ビル4F


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

医院案内

くろさき歯科のアクセスと医院案内です。

医院名 くろさき歯科
くろさき歯科について
医院の外観
住所 〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-38-1
北原ビル4F
電話番号 初診の方はこちらの番号からおかけください
050-5793-2205
再診・その他:048-887-9639

診察時間
平日 9:30~13:00/14:00~20:00
土曜 9:30~13:00/14:00~17:00
休診日/日・祝日・祭日

アクセスマップ

〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-38-1
北原ビル4F


アクセスマップ

電車でお越しの方 電車でお越しの方
JR京浜東北線・JR 武蔵野線 「南浦和」駅下車 徒歩1分(東口ロータリー内)
(池袋から約20分)
・東京駅より
JR京浜東北・根岸線快速で11駅 32分

飛行機でお越しの方 飛行機でお越しの方
・羽田空港より
京急エアポート快特で2駅15分
「品川」駅乗り換え

JR京浜東北・根岸線快速で14駅41分
「南浦和」駅下車 徒歩1分


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

2009年11月 4日

入れ歯は口の問題だけではない

入れ歯は口の問題だけではない
私たちの入れ歯作りは、口はもちろん、全身を診ることから始まります。

歯の状態は口の中の異常だけではなく、身体の他の部位の健康に関わってきます。

当院では、噛み合わせはもちろん、患者さまの背骨の曲がり具合、姿勢、目のライン、鼻のラインなど、写真を撮影したりしながら、身体全体から患者さまにピッタリの入れ歯を作っています。

実際、ぴったり合う入れ歯によって、全身の機能が改善され、つえを頼りにしていた患者さまがつえなしで歩けるようになった例もあるほど。

噛み合わせの問題は、他にも、肩こりや頭痛、腰痛めまいなどの症状を引き起こすと言われています。また、入れ歯が合わないことは、ストレスにもつながります。

入れ歯を作り変えただけで、これらの症状が軽減されたという例は少なくありません。

「入れ歯にしてから、身体が痛むようになった」

という方、ぜひ当院までご相談ください。
さまざまな検診を通じて、安心でシッカリ機能する入れ歯を提供いたします。

メンテナンスを繰り返します

治療例007入れ歯は靴と同じです。

合わない入れ歯を無理に使い続けると、"靴ずれ"を起こしてしまいます。結果、それが噛むときの痛みにつながっていました。

当院の強みは、入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士による、メンテナンス。あなたのご要望を直接おききできるように、週に何度か長野から来ていただいています。

一般的な入れ歯のメンテナンスは、歯科医師が患者さまからおききした内容を、別の場所にある技工所にいる技工士さんに伝えていました。

しかし、くろさき歯科では患者さまと、じかにやり取りができるため、入れ歯に対する不満の微妙なニュアンスまで伝えきることができます。

入れ歯には、メンテナンスが必要不可欠です。何度もメンテナンスを繰り返しながら、患者さまにピッタリの入れ歯を作り上げていきます。

2009年11月 3日

治療の流れ

初診カウンセリング
当院の治療の流れをご紹介します。

●診査・診断
過去に作った入れ歯の経緯、現在のお困りの点、今後の希望などを細かく聞かせてください。
下へ
●治療方針・費用などのご説明
治療方針、カウンセリング、戦略の説明→安心のための第一歩です。
下へ
●患者さまの同意によって、治療のスタート
お試し入れ歯を実際に使っていただきながらご要望をうかがいます。
下へ
●仮の入れ歯の製作
実際に仮の入れ歯を使っていただきながら、入れ歯を合わせていきます。
下へ
●本入れ歯の製作
仮の入れ歯で十分にご納得いただけたら、本入れ歯を製作します。
下へ
機能診査表●入れ歯の試着
3~6ヶ月毎のメンテナンスで、さらにピッタリかみ合うように仕上げていきます。

何が食べられるようになったかをチェックする表(山本式咀嚼機能診査表)を使い、実際に今まで食べられなかったものが食べられるようになる過程をチェックします。

患者さまには、最終的に食べられるようになりたい食品を、実際に医院に持参していただき、治療後に食べていただいております。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

2009年11月 2日

入れ歯のご相談・ご予約

ご相談・診療予約、診療時間外のコールバック予約はこちらからお申し 込みください。
追って、日程確認の連絡をさせていただきます。

*は入力必須項目です。
※メールでのご予約は3日前までとなります。
お急ぎの方はお手数ですが、お電話にてご予約を承ります。

※ご連絡は診療時間内のご対応をさせていただきますので、ご了承ください。
※送信して頂いた個人情報につきましては厳重に保管いたします。

内容 入れ歯の相談の申し込みをします。 
治療の予約をします。 
コールバックを希望します。(折り返しの電話を希望します。) 
お名前 *必須 例)山田 太郎(全角)
フリガナ *必須 例)ヤマダ タロウ(全角)
メールアドレス *必須 例)aaa@bbb.jp
年齢 歳 例)50(半角英数字)
性別 男  女 
電話番号 *必須 例)0312341234(半角英数字)
電話連絡ご希望日時
例)月曜日の12時~13時に希望します。
ご相談内容・その他 ※具体的なご相談やその他ご希望がある場合はご記入ください。

道具ではなく、人生のパートナーとなる入れ歯を作りたい

道具ではなく、人生のパートナーとなる入れ歯を作りたい「なんど作り直しても入れ歯が合わない」
「わざわざ食事の時だけはずしている」
「食べ物の味を十分味わえない」

こんな悩みをお持ちの方、ぜひご相談ください。当院では、特徴ある入れ歯作りで、多くの患者さまに満足をいただいてきました。

私たちの入れ歯作りは、入れ歯専門技工士噛み合わせ専門技工士入れ歯など補綴(ほてつ)の専門医である私、合計3名の専門家が関わります。

その道のエキスパートたちが協力しあうことで、より安全で長持ちし、機能を最大限に生かせる入れ歯作りの環境をご用意しました。今では、東京・埼玉のみならず、群馬、栃木をはじめ関東各県から多くの患者さまがいらっしゃいます。

ところで、合わない入れ歯を使い続けると、多くの問題を引き起こすといわれています。肩こりや、頭痛に見舞われるという話は、あなたもよく聞く話ではないでしょうか。噛むチカラは脳への刺激となるため、最近では、認知症との関わりも指摘されています。

また、大切なご家族、ご友人との食事の際、食べたいものを選べないことは、コミュニケーションを奪うことにもつながります。

私たちが作りたいのは、単なる道具ではなく、人生のパートナーとなれるような入れ歯
「痛い」「はずれやすい」「噛めない」など、入れ歯に問題を抱えている方、ぜひ、くろさき歯科までご相談ください。

私たちは、痛みを和らげるだけでなく、人生そのものを豊かにできるような入れ歯をお約束いたします。

院長紹介:黒崎 俊一

歯学博士、補綴認定医
【経歴】
平成4年3月
日本大学大学院 補綴専攻 卒業
平成8年11月~
医療法人社団 アーユス くろさき歯科 勤務

【所属団体】
・日本補綴学会認定専門医
・日本歯科審美学会
・日本矯正学会
・日本大学歯学部兼任講師
・さいたま市歯科医師会
・さいたま市向小学校学校医

【趣味】
休みの日は、機会があれば寄席にいっていますね。とはいえ、4週間のうち、3週間は歯科や医科のセミナーに出席して、幅広い知識を学ぶようにしています。

活動風景

院長の黒崎は、歯科大学で講師をつとめ、歯学部の学生を指導しています。
また歯科医師向けの講習会(東京と大阪)で講師も務め、歯科医師の指導もしています。
さいたま市で4名しかいない補綴(かみ合わせ)専門医でもあります。

学生指導風景


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

2009年11月 1日

医院案内

●くろさき歯科、外観外観
南浦和駅東口駅前のファミリーマート隣のビルの4階、1Fはすき家です。駅からも近く、アクセスも便利です。

●広くゆったりした待合室待合室
12人かけのゆったりとした椅子をご用意しております。ご家族でご来院されても、皆様でゆっくりとくつろげる待合室です。診療中の質問や疑問がございましたら、お気軽に受付までお尋ねください。

●診察室診察室
大学病院との連携を行うことで、より確実な処置を行っていきます。患者さまには、最新の治療を提供できるように努めております。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

控除金額

控除される金額は下記の計算額になります。
控除金額

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

減税額(還付金)の例

医療費 880,000円 1,090,000円 1,300,000円
給与収入
300万 78,000円 99,000円 120,000円
450万 148,000円 198,000円 240,000円
600万 156,000円 198,000円 240,000円
900万 156,000円 326,700円 396,000円
※住民税の減税額を含む
※給与収入は年間給与収入から給与所得控除、社会保険料、配偶者控除、扶養控除、基礎控除などを差し引いた金額です。

>> 詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受ける為の施術費
・その他

還付を受ける為に必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。但しサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

2009年10月11日 - 2009年10月17日 « トップへ » 2009年11月 8日 - 2009年11月14日


コールバック予約