トップへ » くろさき歯科について » 入れ歯に対する考え方

入れ歯は口の問題だけではない

入れ歯は口の問題だけではない
私たちの入れ歯作りは、口はもちろん、全身を診ることから始まります。

歯の状態は口の中の異常だけではなく、身体の他の部位の健康に関わってきます。

当院では、噛み合わせはもちろん、患者さまの背骨の曲がり具合、姿勢、目のライン、鼻のラインなど、写真を撮影したりしながら、身体全体から患者さまにピッタリの入れ歯を作っています。

実際、ぴったり合う入れ歯によって、全身の機能が改善され、つえを頼りにしていた患者さまがつえなしで歩けるようになった例もあるほど。

噛み合わせの問題は、他にも、肩こりや頭痛、腰痛めまいなどの症状を引き起こすと言われています。また、入れ歯が合わないことは、ストレスにもつながります。

入れ歯を作り変えただけで、これらの症状が軽減されたという例は少なくありません。

「入れ歯にしてから、身体が痛むようになった」

という方、ぜひ当院までご相談ください。
さまざまな検診を通じて、安心でシッカリ機能する入れ歯を提供いたします。

メンテナンスを繰り返します

治療例007入れ歯は靴と同じです。

合わない入れ歯を無理に使い続けると、"靴ずれ"を起こしてしまいます。結果、それが噛むときの痛みにつながっていました。

当院の強みは、入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士による、メンテナンス。あなたのご要望を直接おききできるように、週に何度か長野から来ていただいています。

一般的な入れ歯のメンテナンスは、歯科医師が患者さまからおききした内容を、別の場所にある技工所にいる技工士さんに伝えていました。

しかし、くろさき歯科では患者さまと、じかにやり取りができるため、入れ歯に対する不満の微妙なニュアンスまで伝えきることができます。

入れ歯には、メンテナンスが必要不可欠です。何度もメンテナンスを繰り返しながら、患者さまにピッタリの入れ歯を作り上げていきます。

足裏の先生・整体の先生からのアドバイスも

足裏の先生・整体の先生からのアドバイスも「入れ歯を作るのに、なぜ足の裏?」
きっとそう思った方もいらっしゃるでしょうね。

当院では、噛み合わせの調整をするとき、足の裏から診ていきます。なぜなら、噛み合わせはつちふまずの形、そこに加わるチカラとも密接に繋がっているから。口の中をみるだけでは、安定した噛み合わせは得られないのです。

具体的には、まず足裏専門の先生に来てもらい、患者さまの足形をとります。両足をバランスよく踏ん張れるように、靴の中敷(なかじき)をオーダーメイドでつくるのです。

これにより、「入れ歯があわない・ずれる」などの問題を、解決できる場合があります。

足裏の先生・整体の先生からのアドバイスも加えて、当院は整体の先生にも来ていただいています。

噛み合わせが悪いと、肩こりや首の痛みの原因になるって聞いたことありませんか?当院では入れ歯を作る前に、整体の先生が全身のゆがみ・バランスをチェック。全身に負担のかからない入れ歯作りを行っています。


足裏の先生・整体の先生からのアドバイスも平行して、入れ歯を作る前には、整体で骨格筋のゆがみも改善。例えば、足を痛めていてカラダのバランスが崩れている状態で入れ歯をつくると、いずれ合わなくなってしまうからです。

当院の入れ歯作りを支えているのは、各分野の縁の下の力持ち。くろさき歯科は、チーム力でかめる入れ歯をつくります。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

関連ページリンク

くろさき歯科について院長あいさつ入れ歯に対する考え方
スタッフ紹介アクセス・診療時間本に掲載されました
プライバシーポリシー

セカンドオピニオンもぜひ!

入れ歯無料相談


トップへ » くろさき歯科について » 入れ歯に対する考え方


コールバック予約