トップへ » 入れ歯でお悩みの方へ

入れ歯があたって痛くてかめない

患者さまがリラックスできる医院食べ物の中には、入れ歯では噛みにくいものがあるのは事実です。とはいえ、精度の高い入れ歯を作ることで、解決する事ができるでしょう。

当院院長は、補綴(ほてつ:入れ歯を作ったり、歯にかぶせものを入れたりする歯科治療の総称)専門医として、長年入れ歯治療を行ってきました。まず、歯科医師にご相談ください。

>>補綴認定医である院長の治療

上の入れ歯が落ちてしまう

上の入れ歯が落ちてしまう当院では、本入れ歯を作る前にまず仮の入れ歯を作ります。その後、仮の入れ歯を実際に使いながらお口にあわせていき、それを元に本入れ歯を作ることで、あなたのお口に限りなく近い形を再現できるのです。


>>仮の入れ歯による調整の繰り返し

入れ歯の裏に食べ物のかすが入る

入れ歯の裏に食べ物のかすが入る入れ歯やかぶせものを製作する人のことを、歯科技工士といいます。
当院では、専門の技工士さんに、遠方からわざわざ出張して足を運んでいただいております。患者さまと技工士が直接やりとりできるので、細かいニュアンスまで伝えることができるので、ささいな悩みもご相談ください。

>>入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士への依頼

お湯の熱さが分からない

当院のインプラント007知っていますか?入れ歯には、さまざまなタイプがあります。「食べ物の味がわかりにくい」という方には、目に見えない細かな穴が無数に開いているタイプの入れ歯がオススメ。
この入れ歯を使えば、液体飲食物(スープやビール等)の味をシッカリ感じとることができます。

しゃべるとカタカタ音がする

しゃべるとカタカタ音がする入れ歯の調整と、発音訓練である程度のところまでは回復が可能です。
入れ歯には、メンテナンスが必要不可欠です。当院では、専門スタッフによるメンテナンスを繰り返しながら、患者さまにピッタリの入れ歯に仕上げていきます。

>>メンテナンスを繰り返します

おもちが食べたい、好物だが食べられない

患者さまがリラックスできる医院おもち、イカ、タコ、ステーキ......。一般的に、これらの食べ物は入れ歯では食べにくいと言われています。しかし、自由診療で作られた入れ歯は、非常に安定感がよいため、多くの患者さまが食べ物の不満を解消しています。
ぜひ、一度ご相談ください。

>>補綴認定医である院長の治療

痛みの原因は、ひとつではありません

入れ歯の痛み原因はひとつではありません。
「そもそも入れ歯の形が合っていない」「患者さま自身の噛みあわせが不安定」「食いしばり」「姿勢」「骨格のゆがみ」など、痛みを起こす原因は患者さまの数だけあります。

時々、「入れ歯が合わない」といって何度も入れ歯を作っている方もいますが、単に作り直すだけでは、改善しない場合もあります。

ぜひ、一度当院までご相談ください。丁寧なカウンセリングと診察で、患者さまの全身の状態から、精度の高い入れ歯作りを行っております。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

関連ページリンク

入れ歯でお悩みの方へインプラントとの違い安心入れ歯の理由
入れ歯ができあがるまで審美入れ歯患者様の声入れ歯の基礎知識
料金表医療費控除について

セカンドオピニオンもぜひ!

入れ歯無料相談


トップへ » 入れ歯でお悩みの方へ


コールバック予約