トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 安心入れ歯の理由 » 補綴専門医である院長の治療

補綴専門医である院長の治療

補綴専門医である院長の治療歯科医師は歯科全般について治療を行います。
ところが、さらに勉強を積んで、ある専門について高度な内容を行う、専門医というものが存在します。

当院院長は、補綴(ほてつ:入れ歯を作ったり、歯にかぶせものを入れたりする歯科治療の総称)専門医として、長年入れ歯治療を行ってきました。

日本の歯科医9万人のうち、補綴の認定医はわずか1500人。単純計算すると、【60人に1人】の割合です。また同時に、院長は歯学博士でもあります。

つまり、"入れ歯づくりのエキスパート"による治療が受けられる環境がある、といってもよいでしょう。

もちろん、資格はひとつの指標です。素材や技術は進化し続けているため、技術の研磨や知識の習得も日々行うことで、高度な治療をお約束しております。


トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 安心入れ歯の理由 » 補綴専門医である院長の治療


コールバック予約