トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 入れ歯とインプラントとの違い » 外科手術を必要とするインプラント

外科手術を必要とするインプラント

外科手術を必要とするインプラントインプラントは、顎の骨に直接人工の歯根を入れ、差し歯のように歯を被せる方法です。

骨に直接埋め込むため、モノがはさまる心配もありません。もちろん、ずれません。会話も自由に楽しむことができます。

しかし、インプラントには、入れ歯と比べていくつかのデメリットもあります。

まず、治療には歯肉を切開する大掛かりな外科手術が必要です。最近では、ドリルを使わない手術方法などもありますが、「どうしても痛みが苦手」という方にとっては、大きな不安となるでしょう。

また、誰でもインプラント治療を受けられるわけではありません。
外科手術を行いますので、全身疾患(高血圧、糖尿病など)の患者さまは手術が受けらない場合があります。

また、骨に人工歯根を埋め込むため、骨粗しょう症の方は治療が難しいといわれています。こうしたことから、インプラント手術を諦める方も少なくありません。


トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 入れ歯とインプラントとの違い » 外科手術を必要とするインプラント


コールバック予約