トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 審美入れ歯

審美入れ歯とは?

審美入れ歯誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。

入れ歯は見た目が悪い、入れ歯は痛くて噛めないとか、入れ歯は硬いものは噛めないとか、世間の評判は良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、その適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でも審美性が優れ、かなりしっかり噛めるようになります。

特に審美入れ歯の場合は見た目(審美性)としっかり噛めること(機能)が重要になり、前もってしっかりした治療計画を立てることにより今までの入れ歯より優れた入れ歯を手に入れることが出来ます。

審美入れ歯なら、あまりにも整いすぎた歯や歯茎の色にならないので、入れ歯だということを気づかれず、人前でおもいっきり笑えます。

バネのない見た目が美しい入れ歯 【ノンクラスプデンチャー】

「入れ歯のバネが目立って人前でしゃべられない」という方はいらっしゃいませんか?そんな方にぜひ使っていただきたいのが、この"ノンクラスプデンチャー"です。

ノンクラスプデンチャーの最大の特徴は、目立たないということ。金属のツメ(クラスプ)を使わず、装着していても人目につきません。また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的です。

ただし、素材自体の寿命は約3年程度といわれています。金属を使った入れ歯に比べて長持ちしないというデメリットもあります。

<ノンクラスプデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい

<ノンクラスプデンチャーのデメリット>
・素材が長持ちしない

<当院で取り扱いのあるノンクラスプデンチャーの種類>
・ウェルデンツ
・スマイルデンチャー
・バルプラスト
・マグネット
・コンフォート
・ポリプロピレン
・BPSデンチャー

NHKの番組でも取り上げられた、ウェルデンツも使用しております。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

関連ページリンク

入れ歯でお悩みの方へインプラントとの違い安心入れ歯の理由
入れ歯ができあがるまで審美入れ歯患者様の声入れ歯の基礎知識
料金表医療費控除について

セカンドオピニオンもぜひ!

入れ歯無料相談


トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 審美入れ歯


コールバック予約