トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 安心入れ歯の理由

「安心入れ歯システム」でフィットする入れ歯を

「安心入れ歯システム」でフィットする入れ歯を
意外に思われるかもしれませんが、入れ歯は全身の健康と関わります。

最近では、噛み合わせの状態が悪いと、頭痛、肩こりはもちろん、平衡感覚障害や糖尿病など、生活習慣病や、神経の異常との関係も指摘され始めています。

安全で長持ち。しかも、かむ機能を最大限に長持ちさせるために、当院の入れ歯作りは、
【安心入れ歯システム】と呼ばれる3つ取り組みを行っております。「かめる」はもちろん、「全身機能」をも向上させるような入れ歯作りで、多くの笑顔を取り戻してきました。

【くろさき歯科安心入れ歯システム】
入れ歯のエキスパート・補綴(ほてつ)専門医※による治療
補綴(ほてつ)=入れ歯・インプラント・差し歯などの治療法

入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士による製作

仮の入れ歯による事前チェック

補綴専門医である院長の治療

補綴専門医である院長の治療歯科医師は歯科全般について治療を行います。
ところが、さらに勉強を積んで、ある専門について高度な内容を行う、専門医というものが存在します。

当院院長は、補綴(ほてつ:入れ歯を作ったり、歯にかぶせものを入れたりする歯科治療の総称)専門医として、長年入れ歯治療を行ってきました。

日本の歯科医9万人のうち、補綴の認定医はわずか1500人。単純計算すると、【60人に1人】の割合です。また同時に、院長は歯学博士でもあります。

つまり、"入れ歯づくりのエキスパート"による治療が受けられる環境がある、といってもよいでしょう。

もちろん、資格はひとつの指標です。素材や技術は進化し続けているため、技術の研磨や知識の習得も日々行うことで、高度な治療をお約束しております。

入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士への依頼

入れ歯専門技工士・噛み合わせ専門技工士への依頼入れ歯やかぶせものを製作する職人さんのことを、歯科技工士(しかぎこうし)といいます。

建築で言えば、土地や基礎をならすのが歯科医師なら、建物を製作するのが、歯科技工士といったところでしょう。患者さまにピッタリの入れ歯作りのためには、高い技術を持った歯科技工士さんの存在がかかせません。

当院では、「入れ歯専門の技工士」「噛み合わせ専門技工士」に、遠方からわざわざ出張して足を運んでいただいております。
患者さまと技工士が直接やりとりできるので、細かいニュアンスまで伝えることが可能です。

また、専門性の高いご要望に関しては、製作を【株式会社サヤカ】に依頼しています。

サヤカは新進気鋭の歯科技工所です。最新設備が充実し、高い技術を持った人材ばかりがそろっています。また、歯科技工所は大きく分けて下記の3つの形態に分かれますが、サヤカは製作担当が4人の完全担当業務制ですので、オーダーの高い前歯や奥歯、入れ歯などが製作できます。

たとえば、歯ぐきが黒ずまない前歯、引っかかるバネの無い入れ歯、歯ぐきにあたる部分だけが柔らかい材料でできた入れ歯、磁石を使った入れ歯など、どんなオーダーにも対応することができるのです。

仮の入れ歯による調整の繰り返し

当院のインプラント007当院では、入れ歯を作る前に、"調整用の入れ歯"(仮義歯)を作ります。
これはあなたのお口に合わせて、仮で作った標準的な入れ歯です。

たとえば、オーダーメイド・スーツを作るときのことを考えてみてください。仮縫いの段階で、色、形状、そで具合など、一度着けごこちを確認するでしょう?

調整用の入れ歯は、これと同じ考え方です。仮の入れ歯をつけてもらうことで、入れ歯の大きさ、痛いところはないか、歯の色、並び具合を確認します。

当院のインプラント007患者さまのご要望をお聞きしながら、仮の入れ歯に何度も調整を加えながらカタチを整えていきます。バランスが取れたところで、仮の入れ歯に忠実な"本入れ歯"を製作に取りかかります。

つまり、一度仮入れ歯による調整を行い、お口に忠実な入れ歯を作れることで、よりかめる入れ歯を製作することができるのです。

もちろん、仮入れ歯はスペアとして使用することができるのも、ちょっぴり嬉しいメリットです。


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

関連ページリンク

入れ歯でお悩みの方へインプラントとの違い安心入れ歯の理由
入れ歯ができあがるまで審美入れ歯患者様の声入れ歯の基礎知識
料金表医療費控除について

セカンドオピニオンもぜひ!

入れ歯無料相談


トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 安心入れ歯の理由


コールバック予約