トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 入れ歯とインプラントとの違い

外科手術を必要とするインプラント

外科手術を必要とするインプラントインプラントは、顎の骨に直接人工の歯根を入れ、差し歯のように歯を被せる方法です。

骨に直接埋め込むため、モノがはさまる心配もありません。もちろん、ずれません。会話も自由に楽しむことができます。

しかし、インプラントには、入れ歯と比べていくつかのデメリットもあります。

まず、治療には歯肉を切開する大掛かりな外科手術が必要です。最近では、ドリルを使わない手術方法などもありますが、「どうしても痛みが苦手」という方にとっては、大きな不安となるでしょう。

また、誰でもインプラント治療を受けられるわけではありません。
外科手術を行いますので、全身疾患(高血圧、糖尿病など)の患者さまは手術が受けらない場合があります。

また、骨に人工歯根を埋め込むため、骨粗しょう症の方は治療が難しいといわれています。こうしたことから、インプラント手術を諦める方も少なくありません。

痛みもなく、手入れが簡単~入れ歯

痛みもなく、手入れが簡単~入れ歯入れ歯のメリットは、何といっても手術の必要がないということでしょう。

高血圧、糖尿病の患者さまはもちろん、心臓病、肝炎、腎不全などの疾患をお持ちの方も手軽に作ることができます。手術の負担が少ないことから、入れ歯は介護が必要な方にとっても、負担の少ない治療法ともいえるでしょう。

また、インプラントはケアをこまめに行わないと、「インプラント歯周炎」という感染症にかかってしまうケースもあります。歯周炎に感染すれば、最悪の場合、インプラントは脱落します。

そのぶん入れ歯は、1日1回ブラシで洗い落としてあげればOKです。
他にも、
・噛めるまでの期間がインプラントと比べて短い
・安価である

など、インプラントと比べて、入れ歯には多くの長所があります。

とはいえ、どちらの治療方法もメリット・デメリットがあるのは事実。ベストな治療法は、患者さまの口の中の状態によって異なってきます。ぜひ、一度当院までご相談ください。

入れ歯・インプラントの比較表

インプラントにしようか、入れ歯にしようか迷っている方のために、比較表でまとめてみました。
ぜひ、 ご参考にしてみてください。

入れ歯 インプラント
手術・外科処置 必要なし 必要あり、全身疾患の方は不可
噛む能力 自分の歯の約1/4 自分の歯の約80%
異物感・違和感 感じる場合あり・着脱式 少ない
歯肉・土手(顎) 調整すれば対応できる 調節はできない
顔・口の周り 入れ歯のボリュームで調整 回復は難しい
お手入れ 外せるので簡単 固定されているので大変
認知障害ケア 介護者が容易にできる 介護者でも困難
費用負担 安価 高価※
※大体一本あたり40万円というのが相場


▲入れ歯専門トップへ戻る ▲この画面トップに戻る

関連ページリンク

入れ歯でお悩みの方へインプラントとの違い安心入れ歯の理由
入れ歯ができあがるまで審美入れ歯患者様の声入れ歯の基礎知識
料金表医療費控除について

セカンドオピニオンもぜひ!

入れ歯無料相談


トップへ » 入れ歯の症状別の解決方法 » 入れ歯とインプラントとの違い


コールバック予約